犬の写真館 イメージ

愛犬は元気が一番!

愛犬が元気に一緒に生活していけるかは、飼い主さんの日頃のお手入れ(観察)と愛情にかかっていると思います。
犬は自分の症状を発言できませんよね?
普段から愛犬をよく観察して、異常を見逃さないようにしましょう!
自宅で観察し、少しでも異常が発見された場合は、すぐに病院に連れていくことをお勧めします!!
受診の時、症状とともに生活の様子や気になった事を、事細かく正確に伝えられると、その病気に合った最善の検査や治療をしてくれると思います。
ドッグドック - DOGDOC - では、愛犬が長く一緒に生活できるよう、もし、万が一病気等になった時に、すぐに発見できるよう、日頃チェックしていきたい項目と、かかりやすい病気についてなどを紹介しています。

愛犬の元気な状態を知っておく

食欲(食事の様子)、被毛、肌、耳、目、鼻、口、尿、便まで、日々の生活で、愛犬が元気な時の状態を知っておくことは大事ですよね。
毎日こまめに観察していれば、わずかな変化にも敏感に気づくはずです!!!
犬の様子を丁寧に見たり、身体を触ったりして、いつもの状態といつもと違う状態が分かるようになれば、何かあった時にすぐに判断、対応できます。
健康の基準はそれぞれ異なりますよね。
元気な時の被毛の艶、目の輝き、食事の量や早さ、飲み水の量、排出物の固さや色や匂いや量、歩き方や眠り方など、日々よく観察してください。
こうした細かな情報ひとつひとつが愛犬の異常を感じ取るきっかけになり、すごく大事な事です。
そして必ず病院に行った時は、これらの情報を獣医師さんに伝えましょう。
獣医師さんが検査や診断をくだす際の重要な判断材料になります。
愛犬の一番のホームドクターは飼い主であることを、よく自覚しておくことが大事ですよね!

写真にのっているワンコは、皮膚が弱く乾燥肌で脂症でした。たぶん脂漏症ではないかと思います。足の付け根などをバリバリ掻いてしまい、赤くなったり掻きむしったりしていたので、一年中洋服(袖つき)が欠かせませんでした。
薬用シャンプーで良いのが見つかり、完治は出来ていませんが、だいぶ抑えられるようになりました。
また、食事にもアレルギーがあり、よくお腹を壊していました。こちらも合うフードが見つかったので、今では良い便になり改善されました。
皮膚病もアレルギーなどで起こることもありますし、下痢もアレルギーなどでなる場合もあります。
うちの子はいつも便がゆるいから!と決めつけずに、いろいろとフードも試して、良いものを選んであげられるのも飼い主です。
ホームドクターはあなたです!愛犬は家族!!日々よく観察して、気にかけてあげましょう!!!

Copyright © 2014 DOGDOC. All rights reserved.